お問い合わせ

東名開発株式会社

  • ごあいさつ
  • 会社概要

 東名開発は地盤改良工事、基礎工事の専門工事業として、1966年の創立以来約50年間、時代とともに急速に進歩する建設の技術や工法に基づき、社会資本の構築、整備事業に取り組んでまいりました。
 その長い歴史、確実な施工技術の事業活動を通して、災害に強い国土づくりや地域社会づくりに貢献するとともに、品質、安全の確保と環境保全に努め、市場の変化に迅速に対応する体制の整備と一層の技術開発を進め、快適な社会の更なる発展に貢献してまいります。
 また、当社の基本理念である「個人の能力、人間性を高め、その結集力により高い技術集団会社を創り上げ社会に役立つ企業になる」を基本に、健全な事業活動を通じて、お客さま、株主、従業員をはじめ、すべての人々を大切にし、安全、法令順守を最優先に社会から信頼される企業を目指します。
 今後とも、より一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

東名開発株式会社 代表取締役社長 大塚 誠
商号 東名開発株式会社
代表者 代表取締役社長 柴田利治
所在地 本社 〒462-0825 愛知県名古屋市北区大曽根二丁目1番1号 MAP
TEL:052-915-1081(代表) FAX:052-914-7430
機材センター 〒486-0963 愛知県春日井市春日井町字七ツ割67番地 MAP
TEL:0568-31-2656 FAX:0568-33-7562
資本金 5500万円
従業員 21名(2020年2月現在)
事業内容 地盤改良工事・基礎工事を主力とした各種工事の施工
建設業許可 愛知県知事(般−28)第1276号 土木・とび・土工工事業
主要取引先 株式会社不動テトラ/株式会社ソイルテクニカ/
日鉄住金テックスエンジ株式会社/株式会社竹中土木/鹿島建設株式会社/
大成建設株式会社/清水建設株式会社/株式会社大林組
取引銀行 愛知銀行/十六銀行/三菱UFJ銀行
加入協会名 SAVEコンポーザー工法研究会/SAVE-SP工法研究会/CI-CMC工法研究会/
エースモール工法協会/パックドレーン専業者協会

地盤改良から都市整備まで、私たちの技術力が活きています。

大地に新たな価値を生む東名開発の地盤改良技術。

  • CASE 1
  • CASE 2
  • CASE 3
  • CASE 4
その他の工法 パックドレーン工法 薬液注入工法

その他、各種改良工法の施工を行っています。

都市整備を足元から支える力に。

推進工事 現場造成 杭工事 止水工事
所有機械ラインアップ

人の命と暮らしを守るために。

地盤改良事業は特殊な事業で、地震や台風などの自然災害から命と財産を守る大切な仕事です。だからこそ、永年の信頼と高い技術、ノウハウが求められます。施工管理、品質管理、安全管理、コンプライアンスのどれをとっても大切なことですが、最後は人の誠実さ、知識と経験、的確な判断力があって成し遂げられるものです。私たち東名開発はインフラ整備の担い手として社会的責任を果たすため、新しいものに挑戦する熱意と、仕事を通じて成長していこうという意欲のある人材を求めています。 採用情報はこちら
大塚 誠 犬童 康浩 田中 広太 寺坂 昌洋

Copyright(C) 2015 TomeiKaihatsu Co.,Ltd. All Rights Reserved.